農業体験・イベント

開催終了
青森県横浜町

第25回消費者と生産者の交流会@青森県横浜町【はまなす生産組合】

2018年7月15日開催

今年もやります! 毎年恒例、消費者と生産者の交流会 by はまなす生産組合

今年も快晴でした!「第25回消費者と生産者の交流会@青森県横浜町」

予報ではいまいちと思われた今年の天気ですが、いざ当日になってみると暑すぎるほどの好天。会の開始は10時からですが、9時前から続々と参加者の皆さんが集まって来られました。

 

熱心な参加者さんは開会式前からハウス見学を開始。会長の鈴木譲さんとお父さんの中さんに質問をぶつけながら、有機栽培のコツを聞き出していました。

 

定刻どおりに開会式。今年は3連休の中日開催ということもあり例年より参加人数は少なかったものの、25周年の節目ということもあり、鈴木さんの挨拶には熱がこもっていました。

 

 

2グループに分かれて畑見学

 

開会式後、早速畑見学です。全員で見学するには人数が多いため、2班に分かれて見学開始。瀬川さんの畑では、恒例の生ピーマン丸かじり体験。はじめての方はその甘さに驚きます。

 

有機肥料として魚粕を使うと味が良い、と畑管理者の瀬川さんによる解説。

 

鈴木さんの班では雑草による土づくり説明。有機栽培、自然農法では雑草も大切な存在です。生えてくる草は、畑のバロメーター。それぞれに意味があります。

 

見学の後は、おたのしみジャガイモ掘り体験

毎年これが楽しみ! という方も多いイモ掘り体験。

 

なれた手付きの人も、ぎこちない手付きの人も。掘ったイモは、袋いっぱいに詰めてお持ち帰り。

 

 

隣接の公園でバーベキューとお楽しみ会

新鮮野菜と青森の魚介、お肉を使ったお料理に皆で舌鼓。

 

車を運転しない方にはお酒も楽しんでいただきました。

 

お昼イベントの目玉は、青森出身のsinonさんによるライブ! このために当日始発で東京から駆けつけてくださいました。トレードマークは黄色い長靴。

 

食事をしながら美声を楽しんだあとは、お待ちかねプレゼントタイム。おみやげはもちろん、はまなす生産組合の新鮮野菜。当選番号を鈴木さんが読み上げます。

 

最後は記念撮影。

 

 

有機農業35年、交流会25年と長い歴史を紡いでいる、はまなす生産組合。最近は大手スーパーマーケットのオーガニックコーナーに品を並べるようになりました。また、鈴木譲さんは青森県の有機農業推進協議会会長でもあり、昨今のオーガニック食品への需要が高まるなか今後ますますの発展が期待されます。自然食ねっとも鈴木さんとは長いお付き合いですので、ともに協力して歩んでいきたいと考えています。

来年も皆さまのご参加お待ちしています!

 

〜2017年の様子〜

昨年の模様をショートムービーにいたしました。

開催詳細

  • と き:2018年7月15日(日) 10:00〜15:00(受付開始:9:00)
  • ところ:はまなす生産組合圃場(青森県上北郡横浜町字上イタヤノ木1)
  • 参加費:一人500円(収穫体験参加希望の方は収穫袋代として+500円)
※要事前申し込み。参加ご希望のかたは7/5までに事務局までご連絡ください。
お問合わせ・受付
お問い合わせは、運営事務局の「ふるさと21」までお願いいたします。
https://www.fsec.jp/contact/index.php