農業体験・イベント

開催終了
神奈川県小田原市

タケノコ掘り体験

当イベントは終了致しました。

2018年4月14日開催

「今年はタケノコがいっぱいだっ!」
各々が掘ったタケノコにニンマリ。
その後、八重桜の下でバーベキューパーティー開催。
朝掘りタケノコの丸焼きや、贅沢な大仁牛の焼肉。
極めつけは料理研究家の林幸子先生特製イノシシカレーに舌鼓。
みんなの笑顔が眩しい時間でした。

すくすく育ったタケノコに興奮!

2018年4月14日(土)、神奈川県小田原市の「自然園いしわた農場」でタケノコ掘り体験が行われました。農場長の石綿敏久さんは、当一般社団法人自然食ねっとの代表理事でもあります。タケノコ掘り体験自体は過去に何度か行なってきましたが、「自然食ねっと」の農業体験企画第一弾として心機一転の実施となりました。

総勢18名の希望者と小田原駅で合流。天気が不安定でドキドキ(運営側が)のなか、10時半に農場からツアースタート! 石綿さんの自然栽培キウイ農場を例に、自然に作物を育てるとはどういうことか解説があったあと、徒歩で山道を行き竹林へ。

怪我をしないため、正しい鍬の使い方とタケノコの根の切り方を石綿さんと息子の信之さんが実演を交え解説。「タケノコは実は大きい方が柔らかくておいしい」というミニ知識に、「小さいほうが若くて柔らかいと思っていた」と驚きの声も。

いよいよ実践! 数日前に雨が降ったおかげか、にょきにょきとたくさん生えたタケノコたちに皆さん大興奮! あまりタケノコが育たず、探すのも大変だった昨年とは大違い。大物を掘り当てた方もたくさん居て、合計なんと7.5kgを持ち帰った方も。

掘りたてタケノコやイノシシカレーに舌鼓。

お昼ごはんは、キウイ園を眺められる小高い丘の上にて。桜が舞う中でみんなで食べるご飯はおいしさ満点です。

料理研究家の林幸子先生お手製タケノコご飯に、自然園で捕獲されたイノシシ肉を使ったカレー。さらに、静岡の大仁牛や小田原の刺身など盛りだくさん。

途中、石綿さんのキウイフルーツなどが賞品のじゃんけん大会なども挟みつつ楽しい時間を皆さん過ごされていました。

自然園で採れたはちみつや、漁港でのお買い物。

満腹のあとはお土産即売会。自然園いしわた農場で育ったミツバチが集めたハチミツや、自然食ねっと農家のお米などを皆さん購入いただきました。

山の恵みを味わったあとは、趣向を変えて海へ。山と海が近いのが小田原の良いところです。小田原漁港に寄り、お魚もお土産に。

これでタケノコ掘りイベントは終了。そのまま小田原駅へ向かい現地解散となりました。参加された方からは、大満足だったとの声をいただきました!

タケノコ掘り体験は、来年も開催予定です。来月以降も続々イベントや企画を開催してまいりますので、一般社団法人自然食ねっとの活動にご期待ください!

開催概要

募集人数

20名

予告編


1 タケノコ掘り体験

今年も元気に育っています。無農薬無肥料で育つタケノコはエグみもなく、みなさまからご好評をいただいています。1年に1度きりのチャンスをお見逃しなく!

2 自然栽培とは? 講座

自然栽培って何? オーガニックって一般栽培とどう差があるの? などの疑問にお応えします。ただ掘るだけではない、今後の食生活が変わるヒントが満載です。

3 野原で特製ランチ

タケノコ料理はもちろん、畑で捕れたイノシシを使ったイノシシカレーなどを料理研究家の林幸子先生が腕をふるいます。ここでしか味わえない特別なメニューです。

4 小田原漁協売店でお買い物

小田原のいいところは山と海が近いところ。タケノコをGetしたあとは、海の幸を手に入れましょう! 小田原近海の新鮮な魚などが購入できます。

備考

ランチメニュー:タケノコの野原焼き、イノシシカレー、駿河湾朝どれアジ刺し、ジビエBBQなど。

開催詳細

日時:
2018 年 4 月 14 日
JR 小田原駅新幹線口集合10 時 00 分(15 時 :30 分解散) ※当イベントは終了致しました。
場所:
自然園いしわた農場
費用:
5,000 円(消費税込み、昼食&プレミアムなお土産付き)
(中学生2,500円、小学生1,500 円、小学生未満無料)
※掘り放題のタケノコは1kg500円でお持ち帰りいただけます。
お問合わせ・受付

一般社団法人 自然食ねっと
TEL:0120-07-8313 http://nfnet.jp
担当者連絡先:080-3758-0323 (浦岡)